Microsoft Access Club >よくある質問箱 >このページ >次頁 <前項  サイト内検索

◆ 参考書を推薦してください

Accessに関する書籍は、そりゃもう沢山発刊されています。一昔前と比べると、数十倍程と表現できるでしょうか?

ここまで、種々多様な参考書が出版されると、どれがいいか悪いかなど判別できません。 しかし、参考書選びの「コツ」は伝授できるんじゃないかなぁと思いますので、まず分類から…。


1.Accessソフトの作成手順の解説(一からに作成していきます)
2.語句の説明(関数やプロパティといったもの)
3.AccessTipsの解説(連続番号の振り方など)


この3種類に分類できるんじゃないでしょうか?


初めての方は、1と2を購入されて1を読み切ってください。
次に、PCの前に座って、1のソフトをご自分で作成してみて下さい。

分からない語句を2で調べて、赤いボールペンでぐい〜と線を引きましょう。綺麗に使う必要は無いですからね。

本はできるだけ薄いものを選んでください。分厚いものに手を出しやすいのですが、途中で放り投げる確率が高いです。

「読みきった達成感」は薄い本に限ります。

ご自分でサンプルファイルを真似て何とか作成できるようになれば〆たものです。

しかし、地獄はこれから待っています。
人は皆、この段階で満足できないんです。

「これをこのようにアレンジできれば…」
「書き換えたのはいいけど、動かなくなった」
「訳のわからないエラーが発生してきた」

この地獄をクリアーするために、片っ端から参考書を漁り、WEBから情報を得ようとして苦しみます。

ようやく、3の参考書に手を出すときが訪れました。
これはできるだけ、分厚いものを購入しましょう。言い換えると、掲載している項目が多いものです。

参考書は、どれがいいかというものではなくて、ホントに使いこなせるの?
いやいや、マスターするんだという貴方の気持ち、やる気にかかっています。

2003/01/29 (Wed)

ページの先頭へ 前ページへ戻る

 




--- このサイトは、Microsoft Access Club  が運営しています ---