Microsoft Access Club >ADO入門講座 >このページ >次頁 < 前項  サイト内検索
 

カレント以外のデータベースに接続する方法 : ADO入門講座



カレントデータベースでは、ConnectionオブジェクトのCurrentProjectオブジェクトにあるConnectionプロパティを用いて接続します。しかし、カレント以外 のデータベースに接続する場合は、ConnectionStringプロパティとOpenメソッドを用います。接続方法が異なりますので注意して下さい。

接続方法

以下の手順で接続します。

  1. ConnectionオブジェクトのConnectionStringプロパティを設定する。
  2. ConnectionオブジェクトのOpenメソッドを実行する。
Connectionオブジェクト

カレントデータベースと同じく、 データベース接続の際に用いるオブジェクトは、Connectionオブジェクトです。記述方法は、下記のように変数(cn)を宣言します。

Dim cn As ADODB.Connection
ConnectionStringプロパティ

ConnectionStringプロパティは、Connectionオブジェクトに属します。このプロパティは、データベースへの接続情報を保持します。

利用方法
  1. キーワードと値を指定します。
  2. 複数を指定する場合は、セミコロン(;)で区切ります。
  3. 省略できないキーワードは、ProvideとDataSource の2種類です。
項目
  1. Accessデータベースに接続する場合は、providerキーワードに Microsoft.Jet.OLEDB.4.0 を指定します。
  2. Data Sourceキーワードには、該当データベースまでの絶対パスを記述します。
事例

下記のプロシージャを実行すると、イミディエイト画面にデータベースC:\Program Files\Sample.mdbへの接続状態が表示されます。

Sub ADOOpenState()

    Dim cn As ADODB.Connection
    Set cn = New ADODB.Connection
    
    cn.ConnectionString = "provider=Microsoft.Jet.OLEDB.4.0;" _
                        & "Data Source=C:\Program Files\Sample.mdb"
    cn.Open
    
    Select Case cn.State
        Case adStateClosed
            Debug.Print "データベースは閉じています。"
        Case adStateOpen
            Debug.Print "データベースは開いています。"
    End Select
    
    cn.Close
    Set cn = Nothing

End Sub

OPENメソッド

Connectionオブジェクト のOpenメソッドを用いると、データベースに接続することができます。これは、カレントデータベースまたは、カレント以外のデータベース何れでも利用できます。

構文

Connectionオブジェクト Open 接続文字列

  • Connectionオブジェクトには、開いているConnectionオブジェクト名を記述します。
  • 接続文字列をConnectionStringプロパティで明記してあれば、省略することができます。

2004/08/30

ページの先頭へ 前ページへ戻る


カレント以外のデータベースに接続する方法 : ADO入門講座


 

-Microsoft Access Club-

アダルト・ゲーム配信可能なPLESKパネル付属の専用・共有レンタルサーバーを提供しています。
アダルトやゲーム配信が可能です。
全専用/共有レンタルサーバーにPLESKパネルをインストール済み。