Microsoft Access Club >AccessTips >このページ >次頁 < 前項  サイト内検索


VBA内部で行う時刻計算の一例 - イミディエイト:AccessTips089



四則計算は時間単位でも可能です。ちゃんと計算することができます。 例えば、データ型が日付/時刻型である場合、22:00 - 12:15 = 9:45 という計算が成り立ちます。 ところが、VBE画面のイミディエイト画面で下記のように入力してみます。
Print(#22:00# - #12:15#)
Accessがはじき出した答えは、0.40625 です。

VBAの内部処理

これはVBA内部において00:00から24:00までの一日が 1 で処理されているからです。 このため、12時間では下図のように 0.5 が返される訳です。

時間単位

実際、小数点では応用しにくいので、下図のように 24倍し時間単位に変換します。

関連ページ

2003/03/31

ページの先頭へ 前ページへ戻る


VBA内部で行う時刻計算の一例 - イミディエイト:AccessTips089


 

-Microsoft Access Club-