Microsoft Access Club >AccessTips >このページ >次頁 < 前項  サイト内検索


パラメータークエリの利用方法:AccessTips084



クエリは高速でバラエティに富んだ使い方ができます。その中でも、パラメータークエリ は表示されたダイアログにユーザーが抽出条件を入力することができる仕様です。下図を参照下さい。

パラメータークエリの作成手順

以下の手順で作成します。

  1. クエリをデザインビューで開きます。
  2. メニューバーのクエリからパラメータをクリックします。
  3. クエリパラメータダイアログが開きます。
  4. 表示させたいメッセージをバラメーター欄に入力します。

  1. サンプルでは、「抽出するID番号を入力してください。」のメッセージを入力しています。
  2. 設定するクエリフィールドと同じデータ型を指定します。
  3. サンプルでは、オートナンバー型の「ID」にパラメータクエリを設定するので、データ型として互換性のある長整数型を指定しています。

  1. 抽出条件を設定する(ここではID)フィールドの抽出条件欄に、先程のメッセージを記述します。
  2. メッセージの最初に [ を 、最後に ] を必ず付け加えます。
  3. クエリを保存し完了です。
  • パラメータダイアログを用いなくても、直接クエリフィールドの抽出条件欄に例えば、 [抽出するID番号を入力してください。] と記述するだけで、同等の機能を利用できます。
  • しかし、データ型の指定を行うことができないので、条件を指定したのに正しく抽出されていない等の危険があります。

関連ページ

 2003/02/13

ページの先頭へ 前ページへ戻る

 


パラメータークエリの利用方法:AccessTips084


 

-Microsoft Access Club-