Microsoft Access Club >AccessTips >このページ >次頁 < 前項  サイト内検索


VBAをイミディエイト画面で確認する方法:AccessTips083



皆さん、VBA開発の時に、作成したプロシージャが正常に動作するか否か、Accessを実行する前に確認する方法をとっていますか? いきなり、Accessを動かしていませんか?

イミディエイト

VBA環境には、プロシージャの実行結果を画面上で確認できる便利な機能があります。「イミディエイト」画面と呼ばれるものです。

利用方法

イミディエイト ウィンドウは、次のような場合に使用します。

  1. 問題のあるコードや新規に記述したコードをテストするとき。
  2. アプリケーション実行中に、変数の値を調べたり、変更を行うとき。 実行が停止している間に、コードを記述するときと同じ要領で、変数に新しい値を代入します。
  3. アプリケーション実行中に、プロパティの値を調べたり、変更を行うとき。
  4. コードを記述するときと同じ要領で、プロシージャを呼び出すとき。
  5. プログラム実行中に、デバッグ情報の出力を表示するとき。
VBE画面

下記のVBE画面をご覧下さい。

WeekdaySample 関数を作成しました。Function関数は値を返すことができます。 よって、この関数を実行するとどのような値が返されるのか、プロシージャ作成中でも気になるところです。

DebugオブジェクトのPrintメソッド

DebugオブジェクトのPrintメソッドを用い て値を確認します。Printメソッドの後ろに半角行をを挿入し続けて変数名を記述するだけです。 これで、なお、変数の値をイミディエイト画面に出力できます。なお、これは定型文ですからそのまま覚え ましょう。

Debug.Print MyWeekDay

VBE画面の下側にあるイミディエイト画面上で下記のように記述します。

?WeekdaySample()
Enterキィーで実行する

以下の手順で実行します。

  1. Functionプロシージャの場合は、? に続いて関数名、最後に()を記述します。
  2. Enterキィーを押します。
  3. 以下のようにイミディエイト画面上に値が表示されます。

留意点
  • Subプロシージャの場合は、? が不要です。

イミディエイト ウィンドウの表示

イミディエイト画面が表示されていないときがあります。この場合は、下記のようにメニューバーから表示のイミディエイト ウィンドウをクリックし、表示させます。

関連ページ

 2003/01/25

ページの先頭へ 前ページへ戻る

 


VBAをイミディエイト画面で確認する方法:AccessTips083


 

-Microsoft Access Club-