Microsoft Access Club >AccessTips >このページ >次頁 < 前項  サイト内検索


文字列の改行 - vbNewLineの活用:AccessTips075



今まで再三、文字列中の改行を取り上げました。が、今回もまた、性懲りもなく取り上げます。今までは改行する場合、メッセージボックス内にChr(13)またはvbCrLfを用いて以下のように使用しました。

Chr(13)の使用方法

Sub TEST改行()

    Dim StrMsg As String '変数を定義します。
    StrMsg = "Microsoft" & Chr(13) & "Access Club"
    MsgBox StrMsg

End Sub
vbCrLfの使用方法
Sub TEST改行()

    Dim StrMsg As String '変数を定義します。
    StrMsg = "Microsoft" & vbCrLf & "Access Club"
    MsgBox StrMsg

End Sub
下図のように表示されます。

vbNewLineの使用方法

では、今回の新しい仲間を紹介します。vbNewline定数です。利用方法は以下のように行います。

Sub TEST改行()

    Dim StrMsg As String '変数を定義します。
    StrMsg = "Microsoft" & vbNewLine & "Access Club"
    MsgBox StrMsg

End Sub
留意事項
  • vbCrLf  vbNewLine はVBA内での改行 に限定されます。
  • マクロフィールドで使用する場合などは、Chr(13)  を用いなくてはいけません。

関連ページ

 2002/12/13

ページの先頭へ 前ページへ戻る

 


文字列の改行 - vbNewLineの活用:AccessTips075


 

-Microsoft Access Club-