Microsoft Access Club >AccessTips >このページ >次頁 < 前項  サイト内検索


曜日を取得する方法:AccessTips054



いろいろな場面で曜日の表示を必要とすることがあります。 このため、テーブル構成で曜日フィールドを設けることが多いですが、少しでもファイル容量を少なくしたい場合などでは、邪魔です。
また、誤った曜日を入力してしまって、日付と曜日のどちらが正しいのか分からなってしまうこともあるでしょう。

日付から曜日を求める

日付から曜日を求めることができます。日付からそのまま曜日を求めることはできませんが、2つの関数を組み合わせることで簡単に実現 できます。

サンプルプロシージャ

下記にFunctionプロシージャをサンプルとしてご紹介しますので、ご利用下さい。フォーム上のテキストボックスに今日の曜日を表示させています。

WeekdayName関数が利用可能な場合
Function GetweekDay()

  '本日の曜日を返します。
    Dim byCount As Byte '変数を定義します。
    
    'Weekday関数を用いて、曜日を表す数値を得ます。
    byCount = Weekday(Date)
    
    'Weekdayname関数を用いて、曜日を表す数値を曜日に変換します。
    GetweekDay = WeekdayName(byCount)

End Function
WeekdayName関数が利用できない場合
Function WeekdayGet()

    '本日の曜日を返します。
    Dim byCount As Byte '変数を定義します。
    
    'Weekday関数を用いて、曜日を表す数値を得ます。
    byCount = Weekday(Date)
    
    'Format関数を用いて、曜日を表す数値を曜日に変換します。
    WeekdayGet = Format(byCount, "aaaa")

End Function
WeekdayName関数が利用可能で引数を用いる場合
Function GetWeekday2(dtm日付 As Date)

    '本日の曜日を返します。
    Dim byCount As Byte '変数を定義します。
    
    'Weekday関数を用いて、曜日を表す数値を得ます。
    byCount = Weekday(dtm日付)
    
    'Weekdayname関数を用いて、曜日を表す数値を曜日に変換します。
    GetWeekday2 = WeekdayName(byCount)

End Function

実行結果

  1. 下記のようにデザインビューで設定します。

  1. 当日の曜日が表示されます。

関連ページ

 2001/07/15

ページの先頭へ 前ページへ戻る

 


曜日を取得する方法:AccessTips054


 

-Microsoft Access Club-