Microsoft Access Club >AccessTips >このページ >次頁 < 前項  サイト内検索


タグ (Tag) プロパティの活用:AccessTips036



テキストボックスのプロパティを開けると "その他 "欄があります。ここに タグ プロパティ があります。ご存じですか。実際、活用されている方は少ないでしょうね。 今回は、タグプロパティの使い方の一例をご紹介します。

利用方法

  1. このタグプロパティに、以下の文字列を記述します。

ようこそいらっしゃいました。

  1. 次に、フォームの開く時イベントプロシージャを作成し、以下のようなプロシージャを記述します。
フォームの開く時イベントプロシージャ
Private Sub Form_Open(Cancel As Integer)

    Dim strTag As String
    strTag = Me.Tag '--- A
    
    Me.Caption = strTag '--- B

End Sub
解説
  1. タグプロパティの値を変数strTagに代入します。
  2. フォームの表題に変数strTagの値を代入します。
結果

実行すると以下のようになります。

Accessヘルプ

Accessヘルプには、以下の記述があります。

"Tag/タグ" プロパティの設定値は、オブジェクトの属性には影響しません。このプロパティを使うと、他のプロパティの設定値に影響を与えずに、識別のための文字列をオブジェクトに割り当てることができます。

関連ページ

 2001/04/28

ページの先頭へ 前ページへ戻る

 


タグ (Tag) プロパティの活用:AccessTips036


 

-Microsoft Access Club-