Microsoft Access Club >AccessTips >このページ >次頁 < 前項  サイト内検索


表紙を備えたレポートを作成する方法:AccessTips029



Accessのレポート機能は強力で、いろいろな帳票を印刷することができます。しかし、この機能豊富さが逆に、分かり難い印象を与えますね。「カレントセクション…」、何だこれは?てな具合で…。

今回は、報告書にはつきものの表紙を備えたレポートの作成にチャレンジしょう。

レポートの概要

下図を参考にご紹介します。

  1. レポートヘッダーは、1ページ目の一番上に表示されます。2ページ以降は表示されません。
  2. ページヘッダーは、1ページ目から最後のページまでページ毎に詳細部分の直ぐ上に表示されます。
  3. 詳細セクションは、レコードソースのデータを順に表示していきます。
  4. レポートフッターは、最後のページの詳細部分の直ぐ下に表示されます。
  5. ページフッターは、1ページ目から最後のページまでページ毎にレポートの一番下部に表示されます。

表紙の作成

表紙を作成するには、レポートヘッダーを利用します。

  1. レポートヘッダーの 高さ を調整します。
  2. ラベル等を用いて、レポートヘッダーに表紙部分を作成します。
  3. レポートヘッダーのプロパティを表示させ、
  4. 書式の改ページを "カレント セクションの後" に設定します。

  1. 最後に、レポートヘッダーの高さを微調整して出来上がりです。

 2001/03/28

ページの先頭へ 前ページへ戻る

 


表紙を備えたレポートを作成する方法:AccessTips029


 

-Microsoft Access Club-