Microsoft Access Club >AccessTips >このページ >次頁 < 前項  サイト内検索


コンボボックスで一覧表示させたい -Dropdownメソッド-:AccessTips010



コンボボックスがフォーカスを受け取ると同時に、一覧リストを表示させる方法として、Dropdownメソッド があります。ユーザーに対して親切な設計を心がけるなら、コンボボックスを配置するとこのDropdownメソッドを記述するほうがいいと思います。

社員管理テーブルの作成

以下のようなテーブルを作成します。特に注意点はありません。

社員管理フォームの作成

単票式のフォームを作成します。性別フィールドをコンボボックに変更します。

 

コンボボックスのプロパティ

性別フィールドには、男性または女性の2者択一のデータのみです。よって、値集合タイプは値リストを用いています。

コンボボックスのフォース取得時イベントプロシージャの作成

コンボボックスのフォース取得時イベントにを以下のプロシージャを記述します。

Private Sub Cob_性別_Enter()

    Me.Cob_性別.Dropdown

End Sub

フォームビュー

フォームをフォームビューで開きます。新規レコードにデータ入力を行い、フォーカスがCob_性別コンボボックに移動すると、一覧が表示されます。

補足

プロシージャをVBE画面上で記述する場合、以下のようにプロパティやメソッドの候補が表示されます。この機能は、メニューバーからツールのオプションを表示し、下図のように機能を有効にするだけで利用できます。

  1. VBE画面上で下記のように、候補リストを表示させます。

  1. Dropdownメソッドをクリックします。

関連ページ

2004/09/18

ページの先頭へ 前ページへ戻る

 


コンボボックスで一覧表示させたい -Dropdownメソッド-:AccessTips010


 

-Microsoft Access Club-